新宿近視クリニックの白内障治療

新宿近視クリニックの白内障治療

新宿近視クリニックの白内障治療

白内障とは、眼球内の水晶体が白くにごり、視界が曇ったり、見えにくくなる病気です。
昔は、白内障が進行し、固くなってからそれを取り除く手術が採られていましたが、それは何本もの麻酔を必要とする長時間の手術で、術後も安静を要求されました。
それが今では、術中の合併症や術後の炎症などの発生率もとても低くなり、年間100万件ほど実施される一般的な治療になりつつあります。

 

新宿近視クリニックで行われる白内障治療は、片眼で15分程度。
両眼いっぺんに行うことはせず、片目ずつ日取りを変えて実施します。
手術の結果、パソコンが見やすくなった、ゴルフやテニス、釣りが楽しくなった、などなど、生活の彩りに変化を実感できることは多くの方が語っています。
どんなレンズを使用するかといったことなどについては、人それぞれの眼の事情がありますから、それをよく把握した上で、慎重に判断する必要があります。
検査やカウンセリングの内容によっては、手術以外の選択肢をすすめられる場合もあるかもしれません。
カウンセリングや検査は無料で受けられるので、まずは経験豊かな医師の相談をしてみてかがでしょう。

 

また、新宿近視クリニックはもともとレーシックによる視力矯正が専門のクリニックですから、術後に視力の精度を向上させるタッチアップ(追加矯正)が必要になった場合でも安心です。

医師にも選ばれる新宿近視クリニックの特徴はこちら クリック!


公式サイトはこちら

▼▼▼

ホーム RSS購読 サイトマップ