新宿近視クリニック老眼治療「Vue+(ビュープラス)」

新宿近視クリニック老眼治療「Vue+(ビュープラス)」

新宿近視クリニック老眼治療「Vue+(ビュープラス)」

新宿近視クリニックの老眼治療は、他のクリニックよりもちょっと有名かもしれません。
なぜなら、以前、テレビで紹介されているからです。
紹介された番組は、TBSおよびJNN系列各局で平日・日曜日夕方に放送されている報道・情報番組「Nスタ(エヌスタ)」。

 

新宿近視クリニックの老眼治療は「Vue+(ビュープラス)」という名称の術式で、レインドロップ(raindrop)と呼ばれるレンズを角膜の中に挿入する手術。
レンズのレインドロップ(raindrop)は、その70%水分という、人体の組成(人体も約60〜70%は水でできているといわれます)によく似た組成を持っているので、生身の体に対してストレスフリーであろうことが想像できます。

 

そして、老眼の他にもうひとつ、やはり「Nスタ(エヌスタ)」で紹介されたのが、リレックス(ReLEx)という最新鋭の屈折矯正手術。
このリレックス(ReLEx)というのは、普通のレーシックよりも眼に優しいのが特長。
切開する長さが普通のレーシックならば28ミリのところ、なんとわずか3ミリですむのです。
そればかりか手術時間も短くてすみ、術後の後遺症とも言われるドライアイやハログレアも少ないのです。

 

ここで注目すべきは、このリレックス(ReLEx)は、老眼治療の「Vue+(ビュープラス)」と組み合わせることができるということ。
「目に優しい」
「短時間ですむ」「日帰りが可能」
「術後のドライアイやハログレアの可能性も少ない」
「しかも半永久的効果を持つ老眼治療」
とう、いわば最強の組合せが実現したのです。

 

それでは、実際に新宿近視クリニックで老眼治療を受けた方の感想を動画で見てみましょう。

 

ところで、すべての人が手術を受けられるかどうかは分かりません。
一般に、5名に1名が、レーシック手術に不適格と言われますから、いろいろと悩むまでに、まずは適性があるかどうかの相談や検査を受けたほうがよいでしょう。

医師にも選ばれる新宿近視クリニックの特徴はこちら クリック!


公式サイトはこちら

▼▼▼

ホーム RSS購読 サイトマップ