新宿近視クリニックの託児所補助制度

新宿近視クリニックの託児所補助制度

新宿近視クリニックの託児所補助制度

レーシックの手術は、所要時間にして高々10分かそこらで済んでしまうといっても、小さい子供を抱えていれば、おいそれと手術を受けにという訳にはいかないでしょう。
新宿近視クリニックには、独自に託児所補助制度が設けられ、子連れの患者に大層有り難がられています。

 

新宿近視クリニックが提供する託児所補助制度とは、子連れの患者を対象に、お子さんを提携している託児所で預かり、後日、補助金を授与するというものです。わずかな時間ではあっても、ちゃんとしたところで子供を預かってもらえれば、心置きなくレーシックに集中できるというもの。

 

ちなみに、新宿近視クリニックの託児所補助制度を利用すると、適応検査の日にかかった分が5千円を上限として、手術日の当日にかかった分が5千円を上限として、それぞれ支給されます。
ただし、補助金は、術後に実施される翌日検診の後の支給です。
すなわち、補助金は、手術を受けた人のみの特権という訳です。

 

新宿近視クリニックの託児所補助制度を利用するにあたり、対象となる託児所は、「キッズスクウェア」と言います。
所在地は、関東地区なら、東京・六本木、横浜のみなとみらい、関西地区なら、大阪・梅田、京都、吸収着くなら、福岡・天神などとなっていて、何れもクリニックから近いところにはあります。

 

また、託児所補助制度の対象となる施術プランは、新宿近視クリニックによる規定があります。
少々例を挙げると、プラチナイントラレーシックS-Line、iFSオーバルイントラレーシック、プラチナLASEKなど、高額なプランが並んでいますが、補助を受ける側としては、利便性の高いサービスといえます。

医師にも選ばれる新宿近視クリニックの特徴はこちら クリック!


公式サイトはこちら

▼▼▼

ホーム RSS購読 サイトマップ