新宿近視クリニックの下取り制度

新宿近視クリニックの下取り制度

新宿近視クリニックの下取り制度

使い捨てコンタクトの使用者がレーシックを受けた後は、当然のことながら、未使用分のコンタクトは不要になります。
そうなると大量のストックの処理に頭を悩ませることになるのでしょう。
そこで、新宿近視クリニックには、下取り制度というのがあって、要らなくなった分を引き取ってくれます。

 

新宿近視クリニックの下取り制度とは、レーシックで視力向上が叶い、コンタクトが不必要となった場合、そのコンタクトを最大6カ月分、引き取ってくれるというものです。
細かい規定がありますが、箱が未開封であれば、1箱当たり千円で引き取ってくれます。
下取りは、車などの買い替えなどでは多々あることですが、レーシック・クリニックでというのは、恐らく初めて耳にする人が大半でしょう。

 

レーシックを受けるということは、それまで眼鏡やコンタクトによる矯正視力と同等の視力と、向上した視力とをトレードすることに他なりません。
不要品と化したコンタクトを引き取ってくれる、新宿近視クリニックの下取り制度は、考えてみれば理に適ったことなのかもしれません。

レーシック手術を受ければ不要になるコンタクト

現在、眼鏡派とコンタクト派の比率は、定かではありませんが、使い捨てコンタクトの利用者は、相当な数に上るはずです。
そのような状況から、新宿近視クリニックの下取り制度は、利用度が高いものと目されます。

 

もちろん、下取り制度は、自分が使う予定であった分に対してのみ、適用となります。
下取りは、手術当日に現物を持ち込むことになっているのですが、持ち込み箱数には○箱までとか、一定の制限があります。
これが商売として成立する理由などなく、あくまでもクリニックの好意によるものです。

医師にも選ばれる新宿近視クリニックの特徴はこちら クリック!


公式サイトはこちら

▼▼▼

ホーム RSS購読 サイトマップ