新宿近視クリニック・失敗や失明の心配は?

新宿近視クリニック・失敗や失明の心配は?

新宿近視クリニック 失敗や失明の心配は?

レーシックとはレーザー機器、あるいはマイクロケラトームと呼ばれる眼球用手術機器を使って角膜の曲率を変え、それによって視力を矯正する手術のことです。
手術ということですから、つまりは「人体に人為的変更」を加えることであり、その成功率は100%というわけではありません。
しかしこれはレーシックに限らず、どんな手術でも同様のことが言え、たとえば簡単に思える盲腸の手術でも、失敗することはあるのです。
逆に、「絶対に失敗しません」というセールストークのほうが、その姿勢が疑われます。

 

新宿近視クリニックでは、公式サイト内のページでこう記載されています。
-----------
レーシック術後に約3%の方が視力が再び低下してしまう事実をご存じですか?
-----------
これは、クリニックのセールス的にはネガティブな情報ですが、それをあえてきちんと示す姿勢は評価できると思います。
ちなみに、「その場合はもう一度追加矯正を行うことで視力は改善します。当院では長期の保障制度を設けており、術後長期間経過した後に再び近視が出てきた場合でも、プレミアムアフターケアのついた手術では再手術の無料期間を無制限で設けていますので安心して手術を受けることができます」…とあります。

 

また、「失敗」というわけではありませんが、術後にドライアイの症状を感じるケースは少なくありません。
その場合は、点滴などアフターケアが用意されているので、クリニックに相談しましょう。

 

 

ところで、「レーシックで失明の危険は?」と心配する人もいるかもしれません。
これに関しては、「その心配はない」、と答えることができます。
レーシックの手術で手を加えるのは、カメラで言えばレンズの部分です。
それも、その光の屈曲を変更するだけです。
光を感じる部分(眼球の内部)に触れることはないわけですから、「失明の心配はない」と言えるわけです。

医師にも選ばれる新宿近視クリニックの特徴はこちら クリック!


公式サイトはこちら

▼▼▼

ホーム RSS購読 サイトマップ